鼻の角栓を毛抜きで取る方法

【微妙?】鼻の角栓を毛抜きで取る方法

鼻の角栓を毛抜きで取る

 

最近は男性でも毛抜きやピンセットを持っている方は多いですよね。

 

僕も眉毛の手入れをするために、たまに使っています(^^)

 

 

そして、いちご鼻が気になる方なら、
毛抜きを使って角栓を抜いてみようかと考えることもあるはずです。

 

そこで今回は鼻の角栓を毛抜きで取る方法について解説していきたいと思います。

 

 

鼻の角栓を毛抜きで取る方法

 

鼻の角栓を毛抜きで抜くうえで大事なのは、まず準備で、
蒸しタオルなどを使って、毛穴を開いた状態にしておきます。

 

使用する毛抜きに菌が繁殖していると、
それが原因でニキビができてしまう恐れもありますので、
毛抜きを使う前にはマキロンなどで消毒しておいたほうが良いです。

 

ここまでの準備ができたら、
あとは飛び出している角栓を毛抜きでつまんで引っこ抜きます。

 

角栓を引っこ抜いて毛穴が開いたままだと、
そこに皮脂汚れが詰まって、また黒ずみなどができてしまいますので、
最後に化粧水などでケアすることを忘れないで下さい。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

こうしてみるとちょっと面倒ですが、意外に悪くない方法に思いますよね?

 

 

しかし、このやり方にはデメリットもあるので、
あまりオススメはできませんし、僕はやっていません。

 

次からその理由について解説させて頂きますね。

 

 

全部取るのは不可能

 

この方法のデメリットは、
毛抜きでつまめる角栓しか抜く事ができないことです。

 

しかし、実際気になる角栓や黒ずみは、
毛抜きでつまめるほど出てきてはいないですよね?

 

 

そして、それをつまむために指や爪でギュッとしてしまうと、
肌にダメージが加わって、より毛穴の状態が悪化してしまいます。

 

もちろん毛抜きでホジホジしてしまうのは最悪なので、絶対に辞めて下さい!

 

 

ですから、角栓を毛抜きで抜く方法は悪くはありませんが、
このやり方だけで黒ずみなどが解消されるわけではないので、
ちょっと微妙だなと思っているのです。

 

しかも、実際やってみると分かりますが、結構難しいですよ(^^;)

 

 

なので、やるとしても本当に気になる時だけにしておいて、
日常的に行うような対策方法ではないと思っておきましょう。

 

 

毛穴の黒ずみ対策を行うのであれば、
普段からできにくい環境を作っていくことが重要です。

 

ちなみに僕は、こちらのいちご鼻専用美容液で対策を続けているので、
今では毛抜きで角栓を抜くほど気になる毛穴はなくなりましたので、
よろしければ参考にしてみて下さいね。

 

⇒ いちご鼻専用美容液『リメリー』はこちら