鼻の黒ずみ対策にニベアパック

鼻の黒ずみにニベアパック?そこに潜むリスクとは?

鼻の黒ずみにニベアパック

 

最近「ニベアの青缶最強説」なるものが言われており、
その用途の一つとして、鼻の黒ずみ対策も話題になっていますね。

 

 

やり方としては、こんな感じです。

 

1.ニベアをたっぷり鼻に塗ってラップをする

 

2.そのままお風呂に入って、たっぷり汗をかく

 

3.ラップを外して洗顔をする

 

 

ニベアが黒ずみの汚れを浮かせてくれるので、鼻がキレイになるようです。

 

ネットの体験者の口コミを調べてみると、
実際効果があったという方も多いようなので、
確かにこれはいちご鼻に効果は期待できると思います。

 

しかし、このニベアパックには大きなリスクがあるためオススメはできません。

 

 

鼻の黒ずみが悪化してニキビになる?

 

鼻の黒ずみのそもそもの原因は鼻の乾燥による皮脂の過剰分泌なので、
保湿クリームであるニベアがいちご鼻に効果が期待できるかもしれません。

 

しかし、ニベアには油分が多く含まれているため、
アクネ菌が繁殖しやすくなります。

 

アクネ菌は脂質を餌にして繁殖するため、
ニベアの油分は、かっこうの餌になってしまうんですよね。

 

 

ですから、最近はニキビにもニベアは効果がある
なんて言われていますが、実はこれも大きな間違いなんです。

 

ニベアには殺菌の効能はありませんので、
ニキビにニベアを塗ってしまうと悪化してしまいます。

 

そして、いちご鼻状態の黒ずみとなっている皮脂には、
ニキビの原因となるアクネ菌が潜んでいるので、
ニベアを塗ってしまうと繁殖してニキビになってしまう可能性があるのです。

 

 

いちご鼻の黒ずみの状態であれば、ニキビよりはまだマシですよね?

 

ニキビは潰してしまうと一生跡が残ってしまうリスクもありますし。

 

ですから、わざわざニキビになるリスクを背負ってまで、
ニベアパックをするのはオススメできないわけです。

 

 

ちなみに、僕も愛用しているリメリーは保湿美容液ですが、
単なる保湿だけではなく、ニキビに効果的な成分も配合されていますので、
よろしければ参考にしてみて下さいね!

 

⇒ ニキビ対策にも有効な成分が配合されているリメリーはこちら